和名において「緑玉髄」ともいうクリソプレーズ

 その名の通り、玉髄すなわちカルセドニーの仲間であり、カルセドニーの中でも最も人気で、代表的なもののひとつでもあります。

 その極めて明るいアップルグリーンは、持ち主の心を知らず知らずのうちに癒し、ネガティブ感情やストレスを取り去り、かわりに勇気や希望を与えてくれることでしょう。

check!

アレキサンダー大王も愛したポジティブストーン

release

 古くは古代マケドニアの王、アレキサンダー大王が愛したともいうクリソプレーズ。

 穏やかでさわやか、明るく軽やかな状態を保ちつつ、一方では持ち主を極めて強烈なレベルポジティブな状態に導こうとする性質もあります。

 クリソプレーズを所持した人は、それからまもなく、心身共にネガティブな状態ではいられなくなるでしょう。

 心の中にあった不安の念はどこかに消え、なぜあんなことを心配していたのだろうと不思議に思うほどです。

 特に根拠もないのに、お腹の奥から力強い自信がむらむらと湧き上がってきます。

 精神面がポジティブになったことによる結果ではありますが、身体の不調も改善され、体調が良くなります

 トラブルや不運に遭遇してもパニックを起こしたりせず、むしろそれを楽しむようになります。

 まもなく、現実の行動においても、ポジティブなことをしたくてたまらなくなるでしょう。

check!

「努力する才能」を開花させるクリソプレーズ

Study

 クリソプレーズの何よりの効果は才能の開花です。

 才能を開花させるために何より大切なことはなんでしょうか。

 すばらしい教え? 頭脳や肉体を覚醒させるための刺激や作用? 

 もちろんそれらも有効です。しかしなにより大切なことは、当人による実際の行動です

 なんらかのスポーツの才能を開花させたいなら、そのスポーツ及び練習を実際にやってみることは必須です。音楽の才能を開花させたいなら、楽器を演奏するなり歌を歌うなりといった行動を実際に行わねばなりません

 それも誰かに強制され嫌々やるようではいけません。

 スポーツ選手にせよ芸術家にせよ、大きな成功を収めた人というのは、他者から見れば尋常でない努力をしながら、一方でその努力を努力とは思ってない節があります。

 例えばある名高いギタリスト。彼の高校時代はこうだったそうです。

 とにかく頭の中はギター、ギター、ギターのことばかり。

 学校での授業中も、心の中にあるのは早く家に帰ってギターの練習をしたいという欲求ばかりです。

 学校が終われば一目散に家に帰ります。そうして愛用のギターを持ち出し、恍惚とした気分で練習を始めます。

 ただダラダラ弾くのではありません。ちょっとでもいい音が出るように、同じフレーズをああでもない、こうでもないと工夫・研究しながら練習を続けます。

 彼にとって、それはまったく苦ではありません。うまくいけばむろん大歓喜ですが、うまくいかなかったとしても楽しいのです。

 そうして極めて幸福で良質な努力の時を過ごし続け、気がついたらチュンチュンチュン……窓の外からは小鳥の声。いつの間にか夜が明けているという案配です。

 クリソプレーズが与えてくれるのは、そのような、努力そのものを喜び、快感とする感性です。

 クリソプレーズを身につけていれば、これまで苦痛に、あるいは億劫に感じていた様々な努力や行動が、とても気持ちの良いものに感じられるでしょう。

 つまらないと思っていた単純作業反復練習が、おもしろくてたまらなくなります。自分にちょっとでも成長が感じられたなら、飛びあがるほどうれしくなります。

 例え失敗しても、それすら喜びと感じるでしょう。

 発明王エジソンの言葉に「失敗ではなく、うまくいかない方法の発見に成功した」というのがありますが、まさにその精神です。

 クリソプレーズの持ち主は失敗や敗北をすばらしいデータ、経験と解釈し、それらを喜々として受け入れます(強がりでも無理なポジティブシンキングでもなく、本気で喜ぶのです)。

 そのような在り方ですから、クリソプレーズの主は多くの人々を尻目にどんどん成長を遂げ、やがて大きな成果を達成することになります。

 持つ人を「努力の天才」にしてくれる石、それがクリソプレーズなのです。

check!