さまざまな色合いをもつオパール

 特に遊色効果という虹のような輝きを持つものは、プレシャスオパールと呼ばれ、高価な宝石へと加工されます。

 優しく、暖かく、それでいてどこか神秘的に―――持ち主のポジティブさやクリエイティブさを高めてくれる石です。

check!

幸福を象徴し、表現する石

happy

 オパールが何より象徴するものは、人の「幸福」そのものです。

 緑や黒など、暗めの色合いのオパールであっても、そのなかには明るくあたたかなエネルギーが満ちています。

 そのパワーはたちどころに持ち主の心を癒し、あたため、憂鬱を払い元気を与えてくれるでしょう。

 オパールのエネルギーは持ち主の深い部分に染みこみ、その人自身の輝きやぬくもりと同化して、外部へと発散されます。

 オパールの持ち主は他者の目に、常に春の陽のような優しい光をまとっているように見えます。ポカポカした、お日様のいい匂いが漂ってくるようです。

 当然、多くの人々はそんなオパールの主の雰囲気に魅了されます。オパールの持ち主は、自然と人々からの人気と支持、手助けを得られるでしょう。

 オパールの持ち主と一緒にいると、例え普段は気難しい人であっても、リラックスして心を開き、柔らかな笑顔を見せてくれるようになります。

 身近に険悪な人がいるけれど、さりとて距離を置くわけにもいかない、という場合、オパールを身につけることで、その人との関係が改善されるかも知れません。

 またオパールの所有者は、いま現在の状況や環境を肯定的に見つめ、楽しむ精神を身につけるようになります。

 仕事、家庭環境、人間関係。変化させようのない、変化させるわけにはいかない現在の状況に苦痛に感じている―――というようなひとは、オパールを持つことでその現状をポジティブに受け入れられるようになります。

 さりとて変化を否定するわけでもありません。いま現状も楽しむ。状況を変化させるなら、その変化させる過程も楽しむ。変化が成されたなら、成された先の状況も楽しむ。

 そのような心の持ち方が身につくのです。

check!

ポジティブな創作を助けるオパール

元気

 オパールのエネルギーは自由奔放で、独自性ユニークさを愛します。

 オパールを持つと自然と視野や思考、興味の幅が広がり、様々な知識、経験、価値観を積極的に吸収しようとします。

 そうしながらも、なにものにも囚われない柔軟な精神で、自分自身のオリジナリティを確立しようとします。

 その力は持ち主の潜在能力を引き出し、特にクリエイティブな方面の才能を開花させてくれます。

 芸術家、芸能人、作家―――そのような職業の人々の、助けとなる石といえます。

 オパールが得意とするのは、特に「幸福」を表現することです。

 ポジティブなものを創りましょう!

 明るく、ハッピーで、楽しく、みんなが笑顔になるようなものを創ろうとするとき、オパールは持ち主の潜在能力と共鳴しあい、すばらしいパワーを生み出してくれます。

 直接的な金運の石ではありませんが、そのような創作においての資金が必要であるならば、どこからかそのお金を探してきてくれるでしょう。

 オパールを身につけ「幸福」を表現し続けることで、やがてオパールの主は自分の周囲にも「現実の幸運や幸福」がどんどん生まれることに気付くでしょう。

 それはつまり自分自身で「幸福」を創造できるということ。

 まるでみずからが天使になったかのように―――

 オパールの主は自分と周囲に幸福をもたらせるようになるのです。

check!