美しく愛らしいオリーブグリーン~ミルクグリーンを持つアイドクレース

 見るだけで癒されるようなその緑は、木漏れ日あふれる森を思わせます。

 所有者をとても穏やかでリラックスした気持ちにさせてくれますが、同時にどこか哲学的な石でもあります。

森の賢人の石

オランウータン

 アイドクレースをしばらく見つめ、そしてそれを身につけてから瞑想してみましょう。

 イメージするのはさわやかな森です。

 清涼な空気。やわらかく、それでいて力強い土や緑のにおい。愛らしい小鳥の声。どこからか聞こえる川のせせらぎ。おや、近くの木陰から、子鹿が姿を見せたではありませんか。

 あなたは森の賢人です。年老いた類人猿? あるいは遙かな時を超えてきた老木? なんにせよ、穏やかで澄み切った静かな目で、森を見つめています

 美しく、平和な森。―――ですがそれは本当でしょうか? それがすべてでしょうか?

 あっ! 草むらから黄色い影が飛び出してきました。虎です。牙をむき出しにした大きく凶暴な虎です。あわれ子鹿は虎に喉を食い裂かれてしまいました。

 美しい森はにまみれました。虎は動かなくなった子鹿を引きずって去っていきます。森の中には恐ろしいものも潜んでいるのです。

 虎だけではありません。とある石の影には不気味な毒蜘蛛がいます。木の枝には恐るべき毒蛇が舌をチロチロさせています。彼らは毎日のように森で惨劇を起こします。

 ですが……それは忌まわしきことでしょうか?

 少なくとも、森の賢人であるあなたはそんなことは思いません

 さきほど虎が去った方向へ視点を送ってみましょう。

 とある岩場、おそらくは巣穴の前なのでしょう。あの虎がいました。4匹の、とてもかわいらしい子虎と一緒です。

 子虎たちは、母親が捕ってきてくれた子鹿を夢中になって食べています。母虎はそんな子供たちの体を、愛情を込めて舐めています

 あなたはその光景を、穏やかで澄み切った静かな目で、深い深い愛情を持って見つめています

 恐ろしい捕食者たちも、やがて命尽きるときが来ます。するとその体は小動物の、虫の、細菌の餌となり、やがて土に、木に吸収され森に帰ります

 すべては循環します。すべては価値あるものです。あなたは深い深い愛情を込めて見つめます。喰うものを、喰われるものを、おとなしきものを、凶暴なるものを、清涼なるものを、毒あるものを、生まれるものを、命尽きるものを……

 あなたはすべてのものを、愛と肯定の目で見つめ続けます。

アイドクレースがもたらす人間関係と環境

謙虚

 アイドクレースを身につけた人の心にまず芽生えるのは、ある種の謙虚さでしょう。

 自分が自然の中においてちっぽけな存在であることを自覚し、にもかかわらずこの世界で生き続けていられることに、深い感謝の念を抱くようになるのです。

 逆説的ながら、そのような謙虚な精神を持つ人は、他者からはとても崇高でレベルの高い人物に見えるものです。

 アイドクレースがもたらす謙虚さは、他者をリラックスさせ、他者からの好意と尊敬を得ますので、周囲の人々との関係は、自然と円満に、かつ質の高いものとなってゆくでしょう。

 アイドクレースの所有者は、すべての物事に対する公平な視線も持つようになります。

 物事の表面上だけを見て善悪を判断するようなことがなくなり、他者を決めつけること、否定すること、裁くことに慎重になります

 ニュースなどで毎日のように流れる「ひどい話」を聞くたびに精神を動揺させ、正義感なのか怒りなのか恐怖なのか分からぬ感情を爆発させているような人は、アイドクレースを持つことで心の平安と平衡を取り戻せることでしょう。

 また「ひどい話」に感情を揺れ動かすということは、そういう「ひどい出来事」を自分のもとに「引き寄せ」てしまう可能性もはらんでいます。

 日々、様々なトラブルにまみれているような方は、アイドクレースを所持し穏やかな心を得ることで、トラブルの類いを自身から「引き離す」ことができるかもしれません。

自然の中で、地に足を付けながら、精神性を高める石

森と苔

 土、水、緑、それらが混じり合った泥や汚濁―――そういったものと共にあるからこそ高まる精神性もあります。

 アイドクレースは地に足を付けて生きるグラウンディング性とともに、精神的な部分でははるか天の高みを目指す向上の性質もあります。

 そう、それは樹木のように。

 地にしっかり根を張り、静かで無駄な自己主張をすることなく―――それでいて高く高く、上を目指すのです。

check!