五月の誕生石のひとつとされ、古くから特に東洋において「聖なる石」「神の石」と呼ばれてきた翡翠(ジェイド)

 それを身につけた人は、心の中に大いなる安らぎを感じ、そして自分の奥底に静かに眠る輝きを見いだすことでしょう。

check!

徳を高める神の石

仏像

 やわらかくあたたかな緑色をした翡翠は、とても強く壊れにくいことから、太古より石器武器、食器や装飾品、彫像などに加工され、利用されてきました。

 中国においては特にすばらしい霊力がこもった石とされ、不老長寿や死者の復活すら成し遂げると信じられました。

 そのもっとも特徴的な力は、持ち主の徳を高めるということ。徳、というと抽象的な概念ですが、儒教における五常の徳(仁・義・礼・智・信)を中心とした高潔な精神、と考えれば良いでしょう

 翡翠のアクセサリーを身につけた人は、まずその心の内に、とても穏やかな落ち着きと、充足感を覚えるでしょう。

 自分の外的環境がなにか変わったわけではありません。様々な問題や不満点も、そのままかもしれません。けれどもそれを受け入れ「足るを知る」心持ちになれるのです。

 パワーストーンを身につけようという人は、やはり何かしらの「効果」「御利益」を、石に対して求めていることと思います。

 逆説的なことながら、翡翠を身につけると、そういった御利益を求める心が薄れてきます

 けれども清貧を良しとし貧乏で不遇な暮らしを続ける、とはなりません。

 これまた逆説的ながら、御利益を求めなくなると共に、様々な幸運―――富や成功が、翡翠の持ち主に舞い込んでくるようになるのです。

check!

翡翠による正しき「引き寄せの法則」

 いわゆる引きよせの法則の理から考えれば不思議ではないことです。翡翠を持つことによって持ち主の内に生まれる「充足・充実した状態」「幸福な状態」は、それらと同質のものを引き寄せます。

 富める者はますます富む、という言葉通りになるわけです。

 翡翠を身につけた人の内に生まれた徳は、そのひとのオーラにも影響を与えます。

 翡翠の持ち主は積極的にみんなを引っ張るリーダー的存在になることはないかも知れませんが、ある種リーダー以上に権威のある、例えばいざというときのための「ご意見番」的存在として、人々の尊敬を集めることになるでしょう。

 翡翠の優しい緑色は神経に安らぎを与えますので、エメラルドと同じように目を癒やし、肉体的・精神的な疲れを取り除きます

 また翡翠のエネルギーは、肝臓、腎臓、胃腸に良い影響を与えるとされます。内臓の調子が良くない方は翡翠を持つことが助けとなるかも知れません。

 恋愛に関しては、お互い高い道徳心を持った者同士で惹かれ合います。浮気も裏切りもない、信頼に基づいた誠実なパートナーシップを築けることでしょう。

 逆にいえば、現時点においてパートナーに不誠実、不道徳なところがあるようなら、翡翠の力を借りると良い変化が訪れるかも知れません。

 その場合は、パートナーに翡翠を持たせるだけではなく、自身も翡翠のアクセサリーを身につけるようにしましょう。相乗効果により、互いにより良い人間へと成長していけるでしょう。

check!