古代から世界各地で神秘的な宝石として崇められ、仏教においても七宝のひとつに数えられる珊瑚(コーラル)

 その美しく愛らしい外見に反し、そこには他の宝石に負けないほどパワフルな海の力がこもっています。

check!

人生の“荒波”をうまく乗り切るための石

Coral

 海からの贈り物、3月の誕生石たる珊瑚。

 この「動物由来」“宝石”は、世界各地で、子供の守護、魔除けや厄除け、航海のお守りなどの効果があるとされ、信奉されてきました。

 特にイタリアでは、赤い珊瑚は幸運をもたらすとされ、いま現在でも多くの人々に愛好されています。

 珊瑚にふれた人は、その由来を考えるまでもなく、そこに母なる海のパワーを感じるでしょう。

 珊瑚に秘められたパワーストーン的特質は、様々なことに対する健全な“制御力”だといわれています。

 荒波を思わせるようなトラブルを前にしても、珊瑚の持ち主は動じません。

 リラックスした状態を崩さず、一見その状況に身をゆだねたかのように見えながらも、じっくりと時を待ち、事態を改善し、やがてその状況そのものを自分の意のままに操ってしまいます

 敵や災いを前にしても争うことなく、それらを受け入れ、やがていつの間にかすべてを自分の都合の良いよう支配下に置く―――そのようなパワーが身につくのです。

 そういう「争うことなく」、一方とても「したたかな」珊瑚の在りようは、ある種、女性的なものともいえます。

 実際、珊瑚はとても女性と相性のいいパワーストーンです。

 珊瑚は母なる海の“華”です。

 女性が珊瑚を持つと魅力的に見えるのはなぜでしょう? 海という母なる世界の母性と、華やかさを同時に有することができるからです。

check!

あまりにもパワフルな“海龍”の力

Coral

 琥珀や真珠同様、生物由来のパワーストーンですので、珊瑚もまた我々人間に馴染みやすいエネルギーを持ちます。

 一方硬度は弱いので、取り扱いには注意が必要ですが、にもかかわらず、珊瑚には意外なほどにパワフルな、荒々しいといってもいい側面も秘めています。

 珊瑚に秘められているのは、潮と海流とのエネルギーです。その点は、太陽と大地のエネルギーをじっくりとため込んだ琥珀とは異なります。

 では真珠とは似ているのかというと、そうでもないのです。

 珊瑚が育つ海は比較的穏やかな海ですが、それでも常に潮の中にさらされています。

 潮流と海流は厳密には異なるものですが、しかし海は繋がっています。潮の中には海流の力も含まれます。

 大いなる七つの海を巡る海流―――すなわち偉大なる海の龍の力です。やさしく、じっくりと、珊瑚は海の龍の力にその身をさらし、それを吸収しながら育ちます。

 その点が、真珠貝の中でしっかりと守られ、海の母なるエネルギーのみをじっくりと吸収した真珠と異なる点です。

 前述通り珊瑚は少々のトラブルがあっても争うことなくうまくその場を制御しようとしますが、もし持ち主が深刻な命の危機に瀕した場合、そのときはその内に秘めし真の力―――すなわち龍の力を解放することになるでしょう。

 おそらくその後は力を失い、場合によっては割れて朽ち果てるかも知れませんが、内なる力を余すことなく発揮して、敵を打ち倒し、持ち主を守護することでしょう

check!