和名では沸石とも呼ばれるゼオライト

 その内部に水分を含んでおり、過熱するとその水分が沸騰しているように見えるためこの名が付けられました。

 パワーストーンとしては、やわらかな白い色合いのものが一般的です。

悪いエネルギーを吸着・浄化してくれる石

 ゼオライトは内部に多くの「隙間」を持つ構造となっており、そこに様々なものを吸収・吸着することができます。

 その特殊な性質ゆえ、

  • 防臭
  • 湿度調整
  • 濾過
  • 毒素やアンモニア等の吸着

 等々、工業や科学の現場において、様々に活用されている石です。

 パワーストーン的には、ゼオライトは古くから浄化とヒーリングの力を持つ石として扱われてきたようです。

 前述の吸収・吸着の力で、目に見えない毒素、さらにはそれより微細な「自身や他者のネガティブな思念」「害ある悪いエネルギー」をも吸い取ってくれるからです。

 また純白のゼオライトは、持ち主の精神レベルを高め、直感力や洞察力を向上させ、所有者にすばらしい瞑想をもたらすともいわれています。

 瞑想において、過去の記憶を呼び覚まし、そこに痛みや負の感情があるならそれを吸収し、癒し、いま現在を健やかに生きてゆけるよう、心身を理想的な状態にしてくれるのです。

 その浄化の力は、アクセサリーとして身につける場合だけでなく、置物として部屋に置いておく際にも有効です。

 屋内に溜まりがちなよどんだエネルギーを、ゼオライトがすべて吸収し、綺麗にしてくれることでしょう。

目的に応じて、適切なパワーストーンと組み合わせよう

 なおゼオライトは、前述の通りとても特殊な性質を持ちますが、それ単体ではそれほど強い力を持つパワーストーンとはいえません。

 正にせよ負にせよ、吸着したエネルギーがあまりに大きい場合、ゼオライトではそれをうまく処理しきれない可能性もあります。

 そこで目的に応じ、ゼオライトを他の力あるパワーストーンと組み合わせるという方法があります。

 例えば浄化が目的なら、その定番、水晶アメジストと組み合わせると良いでしょう。

 ゼオライトが諸々の悪いエネルギーを吸着し、その浄化を水晶やアメジストが助ける、という形が取れるからです。双方のパワーストーンが、互いに浄化し合う作用も期待できます。

 またゼオライトはあらゆるエネルギーを吸収するので、願掛けとして、祈りや願望などの思念を吸い込ませることにも適していますが、やはりゼオライト自体に大きな願いを叶えるパワーがあるとはいえません。

 そこでその場合も、他のパワーストーンと同時に身につけることで、ゼオライトが他の石に願い事を伝達してくれるようになります。

 複数のパワーストーンを使ったビーズアクセサリーを作るならば、「願望伝達要員」として、その中にゼオライトを含ませておくことは、なかなか賢い方法といえます。